【UFOふれあい館の謎】






【UFOふれあい館の謎】

U・F・O(未確認飛行物体)

DSCN8340.jpg

空飛ぶ円盤などと昔から目撃談のあるUFOだが、全国各地に目撃談があるものの、実はこのUFOには、決まって目撃談の多い法則がいくつか存在する。

UFOの目撃談が多いのは、決まって何か大事件の前後だったり、観光名所に多く出現するというのだ。

その事から、UFOは近未来人がタイムマシンに乗って、過去の日本を見に来ているのではないか…そんな説も浮上するようになってきた。

もっともUFOに関して有名な事件は、1947年7月、アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名な事件。ロズウェル事件である。
しかし、その内容は国家機密であるうえ、噂の域でも情報が多数あり、何が信用できるものかも判断が困難なほどさまざまな情報があるが、どれも定かではない。

UFOは未知の存在ゆえ、この魅力に魅了される人も多く、近年目撃談が激減した今も、そのロマンを追い求める人は存在する。

そして、ここ福島県福島市飯野町でも、UFOの目撃談が非常に多いUFOスポットが存在した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UFOふれあい館?


なんとも珍スポット臭がする観光スポットですな~!

大体この手の話は胡散臭い内容で、展示してあるものもグレイの人形と、UFOの模型、あとは撮影された写真が展示してあるだけで、子供でさえも満足できない内容に決まっている!

・・・が、興味がある。


なんでも気になったら確かめてみないと気が済まないのは僕の悪い癖。

そんなわけで、なんだかんだ言いつつもウキウキ気分で福島県福島市飯野町へ足を運んだ。

DSCN8254.jpg

UFOふれあい館・UFO物産館は間近なようだ!

DSCN8392.jpg

そして、到着!

入り口には、さっそくリトルグレイの石像が置いてありました!

DSCN8295.jpg

早速入館!

大人は400円です!


さて・・・いよいよミステリーゾーンへ侵入するわけか…


いざ!!!

DSCN8306.jpg




DSCN8307.jpg


DSCN8309.jpg



DSCN8310.jpg

こう言ったら失礼なのだが、なんとなくイメージ通りでもあった。


ひとつ気になったのは、このピンカラ石。

DSCN8311.jpg

このピンカラ石は磁力を含んだ石で、風呂に入れれば湯がやわらかくなり、身体もよく温まる、また冷蔵庫に入れておけば鮮度が長持ちする。さらには、池に入れておけば弱った金魚も元気になるという!

このUFOふれあい館が設立された千貫森にはこのピンカラ石が多数存在し、磁場が強く、方位磁石もちゃんと方位を示してくれないという。

この磁気を含む石が多い事とUFOの目撃談が多い事とは何か関係があるのだろうか。



ほかには、やはりUFOの写真、またロズウェル事件でUFOを回収した際に撮影されたといわれる宇宙人の写真。

DSCN8335.jpg

CIAの秘密文書も存在した。

DSCN8312.jpg

・・・これは・・・

DSCN8338.jpg

審議が必要な写真だが。


他にはUFOが地球に上陸した時のイメージをした空間。

DSCN8331.jpg

DSCN8332.jpg

それと、千貫森の説明がされた3Dコーナー等がありました。

DSCN8343.jpg

このUFOふれあい館には、多数の芸能人も来ている様で、最初に思っていたより、少し興味深い事があったので、来てよかったと思えました。

DSCN8299.jpg


そして、いよいよ千貫森の頂上へと私は向かうのです。


その名もUFO道・・・遊歩道?をモジッタ?(笑)

DSCN8345.jpg

さてさて、頂上までは・・・630mだそうで。


運動不足を解消するべく歩きましょう!

DSCN8347.jpg

・・・

DSCN8348.jpg

・・・辛い。


少し歩くと、所々に宇宙人達の石像があります。

DSCN8346.jpg

・・・


・・・


これは・・・

DSCN8350.jpg

・・・。



さて、困ったぞ。


これはどっちだ?

DSCN8353.jpg

右にも左にも道があるが、矢印がないぞ?



右は舗装された階段道。

DSCN8356.jpg

左は、緩やかな坂道。

DSCN8358.jpg

・・・。


どっちだ。


ここは普通、舗装されている方か・・・


いや、まてよ。


そんな単純で安易な考えでいいのか?


・・・ははーん!名探偵マチャは考えた。


これは左だ!!


この舗装はいわば近道!そういう意味ではこの道も正しいのかもしれない!

しかし、左の道を行けばきっとシークレットな物が見れるに違いない!


そして、私は左の方へ行くことにした。


・・・・。



・・・何もなく頂上に辿り着いた。

DSCN8362.jpg

結局あの場所が運命の分かれ道だった。


純粋に舗装している道を行けば、道もしっかりしてるし、宇宙人も見れた。


私は大回りして、つまらない砂利道をただひたすら歩いただけ。

ただの苦行だ。


ともあれ、頂上。

DSCN8364.jpg



なにやらこの三つの石・・・

DSCN8366.jpg

と言うべきか?

この石から出る力が真ん中に集約されて・・・


ちなみに、ここには祠があり、周りには鈴の付いたロープが張り巡らされていた。

DSCN8369.jpg

DSCN8370.jpg

磁場が強い場所ではこのようにしているところが多い。


風がなくても磁場で鈴が鳴るのだ。


さて、頂上に来たわけだ!


UFOを呼ぼうじゃないか!


私はそのために頂上にきたのだから!


きっと、頂上まで歩いた力がみなぎって、UFOもその力に引き寄せられて、千貫森に姿を見せるに違いない!!!


なにやら、このように置かれていると、どこかドラゴンボールをイメージしてしまう。

DSCN8367.jpg

ではやってみるか・・・


いでよ!神龍!!!


・・・あ、ちがったUFO!

RSCN8398.jpg

・・・

DSCN8373.jpg

5分後・・・

DSCN8374.jpg

・・・何も訪れなかった。


UFOは見れなかったが、頂上から見る街並みはとても綺麗だった。

DSCN8375.jpg

さて、降りるか・・・


630mの下山。


ちなみに、ちゃんとした道を登ってくれば、この様な宇宙人たちにちゃんと会えます。

DSCN8379.jpg

そして、ゴール。

DSCN8384.jpg

その後、近くの物産館で食事をするのだが、それはまた別の話。


千貫森にUFOがまた現れる事はあるのだろうか。

次にUFOを目撃するのは、あなたかもしれない。

DSCN8389.jpg

タグクラウド